お金

日本昔ばなし「銀行預金の恩返し―利子で1,000万円時代」

はじめまして!けぴい(@keppy_keppy)と申します!

 

今回は日本昔ばなしということで、銀行預金のお話です。

結論はお金を増やしたいなら「預金」ではなく「投資」ということになります。

 

 

この記事で分かること
  1. 銀行預金は高金利時代から低金利時代へ
  2. お金を増やすならリスクを取るしかない

 

2分で読めます。

預金だけで高金利だった時代

みなさんは日本が好調だった頃の預金金利を知っていますか?

 

こちらは昭和55年(1980年)の郵便貯金の金利です。

定期預金1年で7.75%

100万円を1年預けたら107万円に増えるということです。(税金は無視)

では、30年預けたままにしたらいくらになるでしょうか。

 

出典:野村證券 マネーシミュレーター「みらい電卓」~運用編

元本100万円が30年後に938万円になりました。

 

ノーリスクでお金が増えた時代。日本人の預金信仰も納得だね。

 

預金金利は低金利時代へ

今ではほとんどの銀行で年0.001%です。

 

出典:三菱UFJ銀行ホームページ

 

つまり、100万円を1年間銀行に預けたら10円増えるということです。(税金は無視)

30年預けても100万300円にしかなりません。

預金でお金が増えた時代は終わったのです。

結論:お金を増やすにはリスクを取るしかない

 

今時、元本保証で年7%増える金融商品など存在しません。

あったとしたら詐欺を疑いましょう

 

これからはリスクを取らなければお金は増やせないんです。

ただ、リスク(元本割れなど)を受け入れるならば年平均5~7%のリターンを期待できるものはあります。

例えば、アメリカのS&P500です。

以下は1957年からのS&P500長期チャートになります。

出典:かぶれんホームページ

 

経済危機や戦争などいくつもの危機(暴落)に直面しながらも、右肩上がりに成長してきました。

リターンは平均で年7%ほどと言われています。

 

S&P500に投資できる商品として

などがあります。

これからお金を増やしていきたい!と考えるなら、できるだけ早いうちに投資を始めることをおすすめします。

ABOUT ME
けぴい@倹約投資家
将来とお金への不安から、見栄っ張り浪費家→倹約投資家に転身。 倹約と株式投資で、12年かけて資産1,000万円を達成したネコ。 みんなにも資産1,000万円を達成してほしい!との思いから、その手法やマインドを発信。 趣味は旅行で、日本一周を夢見ている。