お金

【重要】貯金の3つの壁を攻略するコツ【1,000万円】

はじめまして!

けぴい@keppy_keppy)と申します!

 

これから貯金を始めたいと思っていますが、成功のコツはありますか?

 

みなさんは「貯金の3つの壁」を知っていますか?

 

  1. 100万円の壁
  2. 500万円の壁
  3. 1,000万円の壁

 

貯金はただ闇雲に貯め続けていけば良いわけではありません。

各ステージ(金額)ごとに注意するべきこと・やるべきことが変わります。

この記事を読むことで貯金のポイントが分かるようになりますよ。

結論を1枚のスライドにまとめると、このようになります。

 

 

貯金のポイントをしっかり押さえて、効率よく貯金していきましょう!

 

 

100万円の壁

 

これから貯金頑張るぞ!と意気込む人の多くを苦しめる「100万円の壁」です。

100万円の壁の突破方法は次の3本柱です。

 

  1. 家計簿をつける
  2. 固定費を減らす
  3. 小さな黒字の積み上げを習慣化

 

まずは自分の支出について深く考えるようにしましょう。

家計簿をつける

まずは家計簿をつけてみましょう。

収入を気にする人は多いと思いますが、支出も気にするようにしてください。

 

貯金=収入-支出

 

貯金は毎月の収入から支出をして、その差から生まれます。

収入を増やすよりも支出を減らす方が簡単です。

まずは支出に目を向けて

  • 自分は何にお金を使っているのか?使いすぎているのか?

を把握するようにしてください。

 

【簡単でOK】家計簿の付け方―家計の健康診断―はじめまして! 倹約と株式投資で資産1,000万円を達成したネコのけぴい(@keppy_keppy)です。 ...

 

固定費を減らす

固定費とは毎月必ずかかる支出のことです。

まずは金額の大きい固定費から削っていきましょう。

 

固定費 対策
①家賃 ・家賃の低いところに引っ越す
②車 ・手放す
・レンタカーなどで代用する
③保険 ・無駄な保険は解約する
④通信費 ・格安SIMにする
⑤光熱費 ・安い料金プランへ乗り換え

 

これらの対策をすることで、月々3~5万円は削減できます。

貯金できる環境もしっかりと整備していきましょう。

小さな黒字の積み上げを習慣化

貯金は毎月の小さな黒字の積み上げです。

 

 

いきなり100万円貯まっている…なんてことはありません。

毎月少額でも家計を黒字にする習慣をつけてください。

貯金失敗の多くは継続できないことにあるからです。

しっかりと習慣を作れたなら、100万円の壁突破はそう難しいことはないはずです!

500万円の壁

 

続いて、500万円の壁です。

500万円の壁のポイントは次のとおりです。

 

  1. 今まで貯めてきたお金を一気に吹き飛ばさない
  2. 見栄を張らない(身の丈にあった生活)

 

100万円を貯めた時に身につけた習慣も継続していくんだよ。

 

お金を一気に吹き飛ばさない

貯金が500万円に近づいてくる頃には、年齢も重ねてきたことでしょう。

すると、次のようなビッグイベントを迎える方も多いと思います。

 

  • 結婚式・新婚旅行
  • 出産→育児
  • 自動車購入
  • マイホーム購入

 

多額の支出があり、ここはお金の使いどころであることは間違いありません。

しかし、これだけは意識してください。

 

今まで貯金してきた○00万円を全額使ってしまわないこと!

 

ここで全額使ってしまうと、また100万円の壁からやり直し…

500万円の壁が更に高くなってしまいます。

見栄を張らない(身の丈にあった生活)

お金が貯まってくると、ローンを組んで高級住宅や高級車、ハイブランド品を…と思うかもしれません。

購入は控えましょう。

 

人生で見栄ほどコストのかかる支出はありません!

 

その高級品のために貯金してきたんだ!と言うなら、買うのは止めません。

しかし、「すごいと思われたい」など他人の目を気にして買うことはやめてください。

ここで実力以上の支出をしてしまうと、貯金どころではなくなります。

 

とにかく見栄を張るな!!

 

私はお金が少し貯まっては高額の買い物をして、貯金が停滞していた頃があります。

この頃の教訓から見栄は厳禁!とアドバイスさせていただきます。

見栄を張りたければ貯金が成功した暁に、予算の範囲内で思う存分張れば良いですよ。

1,000万円の壁

 

最後のステージは1,000万円の壁です。

ここでのポイントは次の3つ。

 

  1. 生活レベルを上げない
  2. 投資で複利効果を活用
  3. 今も楽しむ

 

生活レベルを上げない

貯金が500万円を超えたあたりでは、年齢と同時に収入も上がった方も多いと思います。

しかし、固定費を中心に今の生活レベルは上げないでください。

この表を思い出してください。

 

固定費 対策
①家賃 ・家賃の低いところに引っ越す
②車 ・手放す
・レンタカーなどで代用する
③保険 ・無駄な保険は解約する
④通信費 ・格安SIMにする
⑤光熱費 ・安い料金プランへ乗り換え

 

貯金も年収も増えた!…と調子に乗って散財しては、今までの努力が水の泡。

 

一度上げてしまった生活レベルを下げることは難しい!

 

このような理由からです。

例えば今までタワマンに住んでいたのに、いきなりワンルームの築古アパートに変えられますか。

少々極端な例ですが、心理的な抵抗が出ると思いませんか?

人間というものはどうしても快適さに慣れてしまうんですよね。

投資で複利効果を活用

ある程度貯金が増えてきたら投資を始めてみるのもおすすめです。

例えば1年で100万円貯金できれば、1,000万円まで10年かかります。

しかし、投資の複利効果を活用することで、資産の増加スピードを速めることができます。

例えば、毎月の貯金を株式投資に回した場合、8年2か月まで短縮できる可能性があります。

 

出典:楽天証券「積立かんたんシミュレーション」

今も楽しむ

貯金する理由は将来が不安…とか未来を意識していることが多いと思います。

つまり、貯金をしていると未来の生活ために今の生活を我慢しがちなんです。

貯金が超ドケチ生活の苦行になるようでは長続きしません。

予算の範囲内で、ぜひ「今を楽しむ」ことも忘れないようにしてください。

 

貯金は焦らずに、細く・長く続けましょう!

 

まとめ(1,000万円はゴールではなくスタート)

 

貯金の3つの壁とその対策を解説してきました。

1,000万円達成はゴールではありません。

老後2,000万円問題というワードがあるように、人生100年時代を考えるともっとお金が必要と感じている人は多いはずです。

1,000万円を達成できたということは2,000万円以上を目指せます。

なぜなら、3つの壁を乗り越えられたらもう貯金のノウハウや習慣は十分身についているからです。

1,000万円貯める過程で学んだことを細く・長く継続していきましょう!

ABOUT ME
けぴい@倹約投資家
将来とお金への不安から、見栄っ張り浪費家→倹約投資家に転身。 倹約と株式投資で、12年かけて資産1,000万円を達成したネコ。 みんなにも資産1,000万円を達成してほしい!との思いから、その手法やマインドを発信。 趣味は旅行で、日本一周を夢見ている。